前へ
次へ

○○の記念日ってどうやって決まっている?

日本の国債の金利が低い水準で推移しています。ここでいう国債とは、一般的に10年物の利付国債をさしています。世界各国の金利の状況を比較したり把握するための一種の指標のような役割をしています。国が発行する債券の金利から、様々な国情が読み取ることができます。言うまでもなく、金利が低いという事は成長の低下を傾向を意味しています。国債の金利と価格の関係は、少しわかりにくいかもしれませんが、以下のような構造になっています。人気があって価格が上昇すれば、金利は低下します。反対に債券を買うより他の運用の方が良い利回りになるとなれば、売れられていって価格が低下して金利は上昇します。端的に言うと、景気が良ければ人気が無くなり金利が上昇し、景気が悪ければ安全な運用を目指す投資家が増えて人気が高まるので、金利が低下傾向になるのです。

top用置換

top用置換2
Page Top